rianbow
うすいなおこ
フラガール
iiwai
flower
flower
断食_4
  • 2016年04月10日
  • Blog

音符
rianbow
facebook
 
image

 

断食3日目(最終日)
少し腰も調子が戻ったので、朝、太陽礼拝(ヨガ)だけ参加しました。
呼吸に意識を向けて、大広間の大きな窓に向かって集中すると
こころと身体がゆっくり活力を呼び込むのが実感できました。
この朝のヨガも、マインドフルネス瞑想も
整った場所で呼吸を意識することで、自分の内側に視点が置かれ
流れの良いところ、重いところ、等回数を増すごとに
敏感に
なれた気がします。なにごと練習、練習なんですね。

この日の朝ご飯は人参生姜ジュース(繊維感が美味しい。)
断食というより、養生リトリートですから
からだに必要なものを入れてからだを動かすので
からだがスッキリしてきたのを感じた朝でした。

image

実は昨日、同室の子が(とても社交的な方で)
『なおちゃんの同郷の人いたよ!部屋に連れてくるよ。』
というので
朝のトレイルウォークから戻ってきたみなさんとご飯を頂くときに、
一緒の席に座ることにしました。

するとなんと、隣の中学校のしかも同級生の方でした。
試しに、男の子のともだちの名前を言うと『その名前懐かしい』と驚いた顔。
そんな事があるのか?と、ビックリでした。
今は福島に住んでるそうですが、
他の参加者のみなさんも、北海道、名古屋、愛知、佐賀、、、
日本全国から来ていました。

ここでしか逢えなかった方々、わたしは3泊ですが
大きな視点で見るいくと、この期間にご縁を頂くのも凄いこと。
仲間というか、なんと言うか
とても愛おしい気持ちになりました。

この日もカッピング(吸い玉)をしてもらい、食事前の瞑想にも参加しました。
空き時間も沢山あるので、3つあるお風呂に入ったり、読書したり
今日も空腹できついという体感はありませんでした。

FullSizeRender のコピー 21

午後は急きょ。小針先生がバスを出してくれて
みかん狩りにみんなを誘ってくれました。
木によって味、柔らかさが違って食べ比べしたり
ビタミンCにかぶり付いたのは言う迄もありません(笑)
美味しかった〜。

FullSizeRender のコピー 10

小一時間、みかん狩りをして宿舎に戻って
同期間(3泊4日)で参加だった方と歩きに出ました。

浮山温泉郷から、城ヶ崎の吊り橋までということになり
道無き道を、女子2人で心細くなりながら、1時間半歩きました。
獣道を抜けて、お墓を抜けて、漁港が見えたときの安堵の嘆息は思い出のひとつ。
帰りは、安心な道にという事で、伊豆高原駅のほうからぐる〜っと遠周りで気持ちよい時間でした。

FullSizeRender のコピー 24

この日は早くも最終日。
空き時間に洗濯をしたり、読書したり、足湯をしたり
本当にあっという間でした。

お夕飯は最終日ということで、お品書きまで付きデザートまで出ました。
中でも1番感動したのは、『車麩のフライ』
香ばしい衣のサクサク感は実を使っていたり
うっすら優しいお出汁の味がしたり
こんな素敵なお料理の数々に逢えるなんて予想外でした。
ゆっくり噛みながら、味わうと
命を頂いて生きてるんだ、というありがたさが沸いてきました。

FullSizeRender のコピー 19

夜、最後のプログラム。
シェアリングとこころとからだの養成講座がありました。

健康とは何か

健康法とは何か

健康法の実践
健康法の落とし穴等から、呼吸、食事、入浴、環境などもっと時間が欲しいくらいに
学びをシェアしてもらいました。その資料の最後に

◯天心という言葉にピンときました。

 

天心とは

嫉妬や怒り、気張りなど、日常の煩雑な心で曇っていない、
赤ちゃんのような純粋で澄んだ心。
無心になってポカンとすることを天心という。
大空がカラッと晴れて澄みきったような心だ。
自分の為も、他人の為も無い。
本来の心の状態そのままの心である。
野口晴哉氏

<やすらぎの里資料一部抜粋>

 

講座の後、参加者のシェアリングもありました。
年齢も仕事も育った環境も、なにも重ならないわたしたち。

それぞれの想いが、養生断食に参加する完全な理由で

みなさんの話を聞いていて、ここに居る、ここに来ることを選んだ
という時点で素晴らしいこと、自分と対峙し、受け止め、休め、
許していく経過に居てこれから、どの方も戻っていく日常に
いい作用があるんだなあと、私も含め感じました。

健康な方が良いけど、本当の健康って何なのか?
病気が全くない状態でしょうか?
いつもクリアで心地よい状態であることでしょうか?

わたしも決して身体は強くないし、
病気だったし、体調不安がないこと、
が素晴らしいとどこかで思って居たし、

ついでに言うなら、みんなに迷惑かけてる自分が
情けなないなあと自分を否定していましたけど

それってもったいない!!

物事をひとつの方向から見ることしかできなかった20代で
随分、幸せを見損ねた気がします。(苦笑)

誰かを幸せにできるのは、自分が幸せでないと叶わない。
誰かを助けたいと思ってる人は
自分が助かりたい人なんですよね。

健康とは、健体健心である。

先生の資料にもありましたが、
すこやかなからだとやすらかなこころ
これぞ!です。

明日はいよいよ、千葉に戻ります。
子ども達にも逢える〜〜〜!!!

気持ち的にはかなりのミソギがありましたが、
数字はどう???

 


この投稿にコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です